12月12日出演者 第一弾★

みなさん、こんにちは。Namyです。
12月12日(土)神戸ファッション美術館オルビスホールでのNamy from VONBON JAPAN公演の告知を10月1日に行う予定でしたが、諸事情で遅くなってしまいました。
大変お待たせしてしまい、申し訳ありません!

これから、どんどん発表を行って参ります!
まずは、関東方面からお越し頂くゲスト第1弾の発表です。

チケット発売開始は10月10日〜です。
よろしくお願い致します。

剣舞踊家・剣舞アーティスト: 今野氷華 (Konno Hyouka)さん

【プロフィール】
さいたま市出身。 剣詩舞流派:正賀流教士。
・「京都サムライ剣舞シアター」元スタッフ。
※(Trip Advisor「外国人に人気の日本の観光スポット2016」第5位)・日本吟剣詩舞振興会主催「全国剣詩舞コンクール」近畿地区大会、一般一部、3位(2019年度) 滋賀県大会、優勝(2015〜2018年度、4連覇)サムライ剣舞シアターにて年間約4,000人以上の訪日外国人を相手に 剣舞パフォーマンス・ショー、剣舞レッスン指導を連日担当。その他、世界遺産:上賀茂神社や 稲荷神社の総本社「京都・伏見稲荷大社」での奉納演舞、 民謡歌手、日本舞踊家、和太鼓、三味線奏者といった 様々なトップアーティスト達とのコラボレーション、 また着物ブランドのモデルなど ジャンルを超えて幅広い活動を展開している。また、Japan Expo Thailand(2018)、ギリシャ・レフカダ島 -小泉八雲生誕祭-(2019)での公演を始めとした海外公演、外国人達への剣舞個別レッスンなど、 『剣舞の魅力を世界中の人々に伝えたい』との思いを胸に、国内のみならず国際活動にも力を入れている。

能管・龍笛・篠笛演奏家:あかる潤さん

八百万の声(やおろずのこえ)を求め日本の横笛を研鑽している。  
学習院大学文学部史学科卒業。東京藝術大学音楽部別科邦楽囃子専攻修了。NHK邦楽技能者育成会50期卒業。出雲大社楽人を務めながら様々な笛を研鑽。
龍笛を芝祐靖氏に師事。令楽奏を秋元辰巳氏に師事。五世野村万之丞氏の大田楽にて田楽笛を研鑽。長唄の竹笛・能管を藤舎正生氏に、邦楽囃子を藤舎華鳳氏に師事。赤坂日枝神社、広島厳島神社、他各地奉納演奏や助六太鼓、御諏訪太鼓、など様々な和太鼓団体と共演を続ける。また「アンサンブル室町」、「日本音楽集団」に所属し、現代音楽アンサンブルの演奏活動、浅田次郎原作 映画「輪違屋糸里」主題歌、スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」、NHKラジオドラマ「夜露姫」の笛演奏を担当。 

幼少より母からピアノの手ほどきをうけ、曾祖父である作曲家弘田龍太郎(「浜千鳥」「春よ来い」等)の作品群の和楽器編曲、歴史と映像と音の融合など温故知新の創作活動をライフワークとする。2017年より日本舞踊五條流「五條詠葵(ごじょうえいき)」の名を許され、踊れる音楽を目指した自作、委託作品の発表も推進。2019年9月には芭蕉の旅路を題材とした「矢吹追想」をピアノと笛、日本舞踊の作品として発表する。

近年はドイツ、ジョージア、アメリカ、フィリピン、ギリシャなど海外公演にも参加。2016年4月はベトナムハノイの世界遺産タンロン城ステージおよび現地イオンモール特設ステージで和太鼓と創作舞踊のショーを企画し、数千人規模の動員を実現した。