Namy リング上でのパフォーマンス!

8月11日(祝)山の日に行われた格闘技イベント「アクセル」で
VONBON JAPANのパフォーマンスをさせて頂きました。
MP5_4971Accelは、関西では稀少な旗揚げ12年となる長寿格闘技イベント。

会場には、小さな子どもから、中学、高校生くらいの若者、
若い人たちから高齢の方まで、かなり幅広い皆さんが集まっておられ、
このイベントを12年もの間、ここ神戸で、着実に継続されてこられたということに、
私は、とても感動しました。
MP5_4908Accelさんのウェブサイトから拝見すると、
主に打撃系中心に特化した格闘技興行で、
ルールはキックボクシングルールが7割のシェアを占めるとのこと。

じつは初めて、格闘技を生で拝見したのですが、
私の打つ和太鼓の打法にも武道の要素がたくさん入っているのと、
楽器演奏でもスポーツでも、身体を使うことに関しては
共通するものがあるので、身体の軸や、間、駆け引きや、
手足の使い方を間近で見ることができて、とても勉強になりました!

MP5_4892さて、VONBON JAPANのパフォーマンスは、
後半の試合が行われる直前で行わせて頂きました。

今回のお話を頂いたときに、
VONBON JAPANならではの演出が出来たらいいねという話になり、
夏も真っ盛りのシーズン、お客様にも格闘技の祭りの雰囲気を
感じて頂きたく、太鼓を打ちながら入場しようと考えました。
MP5_4569私が継承している少し山のほうの芸能では、
盆踊りのときのやぐらに、笹をたくさん使います。

笹は邪気払い、病魔払いとも言われるので、
いつの時代も人々の幸せを願って打ち鳴らされて来た和太鼓の
本質を大事にしようと少しだけ笹をつけた太鼓神輿を
VONBONファミリーの皆さんに担いでもらい、
会場に送り出してもらいました。
MP5_4734
命がけの闘い、
また自分との闘いでもあって、
そしてエンターテインメントでもある格闘技が
行われる場所=リング。

E1DX0156その上にたたせて頂くことで、
なにか闘志のような気持ちが身体全身にみなぎりました。

MP5_4654曲はファーストアルバム「V1」より「Kaizan」。

E1DX0336じつは、この数週間、
将来についての抱えきれぬ程の悩みと
向き合っている若い人と出会ったり、

自分自身の今までの音楽や芸術に対する考え方を
根底から覆されるようなことがあったり、

自分のなかに自分でも知らないような気持ちが
溢れていて、

ものすごく迷い、
いろんなものと闘っている日々です。

これからどんな選択をするにしても、
いつも自分の心に正直に、前に進むことをおそれず、
まっすぐでいようと覚悟しながら、
一打、一打、太鼓を打ちました。
MP5_4951会場では、VONBON JAPANのアルバム「V1」の
販売ブースも設置され、
会場でCDも購入して頂きました。
MP5_4943
最後まで、選手の皆さんの試合も拝見させて頂き、
その試合を楽しみ、励まされた!と帰って行くお客様を見て、
どの世界も、体験してみないと分からないし、
どの世界の一生懸命も、とてもステキだと思いました。

このような機会を下さったアクセルプロモーション代表・酒谷敏生氏はじめ、
勇誠会の皆様、選手の皆様、たくさんのお客様に
深く感謝します。

ありがとうございました!
写真:平松俊之

会場でも演奏したKaizanです。

VONBON JAPANの情報や、音に詰め込んだストーリーの
お届けを始めました。
次回の配信は、もうすぐです。お楽しみに!

VONBON JAPAN E-MAIL MAGAZINE
メールアドレス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PrintVONBON JAPAN V1
iTunesAmazonなどで試聴可能
歌詞カードがついているCD盤のほうも、
8月15日、
全国のCDショップやオンラインで発売開始